« 水辺の教室募集締め切りました! | トップページ | 『野田知佑さんと吉野川を下ろう!』4/11(水)より募集開始!! »

2007-03-28

里山キャンプ~炭完成☆編~3/25sun

お天気が心配された日曜日。いよいよ窯から完成Dscf4054_2した炭を出す。

曇り空だがまだ雨は降っていない。池の周りをカワセミが飛ぶ。

Dscf4056_1Dscf4080_2 子どもたが着く前に入り口のレンガをせっせとはずし、中の様子をチェック。おぉ!陶芸作品もなかなかの出来。

炭のできあがりを早めたため、灰になってしまった分量も多かったが、いい炭が出来上がっDscf4073_1た!Dscf4066_2

大きなクヌギもしっかり中まで炭になっている。

真っ暗な窯の中から真っ黒の炭を取り出す作業。

出した炭を使いやすい大きさに割って袋詰め。家へのお土産だ。夢中になって割ってい るといつの間にか粉々に・・・炭をたたいてみると木琴のようないい音がする。長さや太さDscf4069_1 Dscf4059_1 Dscf4088_1 の違う炭を並べると、それぞれ違った音がしておもしろい。

上下カッパ、帽子、 二重マスク・・・完全防備で挑むが・・・みんな鼻の穴の中は真っ黒だ。

お昼ご飯は子どもたちリクエストのBBQ!もちろん完成した炭を使う。

さっそく2班に分かれて炭おこしにトライ!ちゃんと炭に火をつけられるのだろうか?スタッフは腕を組んで「さぁやってみろ」とニヤニヤしながら子どもの様子を見守る。小4・小6グループは炭を並べ始め、「チャッカマンちょうだい」と叫ぶ。いきなり炭に火をつけようとしている・・・・「それではつかないぞ!」という言葉に枯れ葉を集めて炭の上に置く。しかもその枯れ葉はしめっぽい・・・・小4・中1チームは炭は置かずにまず乾燥している杉の葉と小枝を集めて点火。薪を集め徐々に大きな火へ・・・・勝負あったかな(笑)

結局おっちゃんの手助けによってどちらの炭も赤々と燃えだした。まだまだ一人前とは言えないなぁ~と言われ、悔しくなったのか別の場所で自分たちの焚き火をし始めた。Dscf4090_1

次は焼き鳥の串づくり。やってみると結構楽しい!

BBQをし始める頃にしとしとと雨が降り出した(涙)

楽しみにしていたお昼ご飯も早めに終えて、遊びにでかける子どもたち。

Dscf4095_1Dscf4099_1 おっちゃんが木に登りなにやら始めだした。おれもやる!と気になってやってきた子どもも木に登る。スルスルとうまく杉の木に登っていく。単に木登りだけでなくおっちゃんは枝打ちをしていたのだ。真似てのこぎりをひくがなかなか枝は切れず悪戦苦闘。けんちゃんの肩に乗っての枝打ち作業。なんとか一本切ることができた。

森の探検から帰ってきた子の手にはたくさんのタラの芽とつくし。前回は3つしか見つけることができなかったが、今回は夢中になって里山の中を歩き回り、満面の笑みを浮かべて戻ってきた。 Dscf4101_1Dscf4103_1

タラの木はとっても高く、その一番先に出始めた若い芽がおいしい。手を 伸ばしただけでは届かないので枝をぐぃっと引っ張らなければならないが、その木はトゲトゲ。タラの芽も採られまいと自分を守っているのだろうか・・・子どもたちも痛いトゲと格闘しながらの収穫。

さっそく天ぷらにして食べた。ちょっと苦いけどとってもおいしい春の味。つくしも一緒に天Dscf4105_1 ぷらにしてみたが、これもまたおいしい!後で迎えに来てくれたお母さん達にも配ったDscf4111_1が、やDscf4112_1っぱり揚げたてがおいしい!

   

うまい!

最後におっちゃんから何のために炭焼きをするのか、里山の役割を話してもらった。今は炭を使うといったらBBQぐらいの子どもたちだが、今回のDscf4115_1キャンプでは炭作りの方法だけでなく、里山の役割や森と川とのつながり、昔の人の生活の知恵に触 れ、何かを感じとってくれたらうれしい。

知識ではない「知恵」を伝えていけたらと思う。

|

« 水辺の教室募集締め切りました! | トップページ | 『野田知佑さんと吉野川を下ろう!』4/11(水)より募集開始!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261829/5824244

この記事へのトラックバック一覧です: 里山キャンプ~炭完成☆編~3/25sun:

« 水辺の教室募集締め切りました! | トップページ | 『野田知佑さんと吉野川を下ろう!』4/11(水)より募集開始!! »