« キャンプ・キャンプ・キャンプな日々 | トップページ | 夏休み企画「テラ」:川あそび・流しそうめん »

2007-07-31

大人の川遊びまくり(*_*)キャンプ

  7/28 sat~29 sun
大人の川遊びまくりキャンプ開催

キャンプ地→第十堰南岸秘密基地
川遊びフィールド→第十堰・鮎喰川上流

今回集まった河童は17匹。
下は16、上は49歳。平均年齢32歳。
東京・千葉・横浜・大阪・京都・愛媛・高知・熊本・・・・
徳島在住は2名。生まれも育ちも徳島県は17人中0人。

みなさん遠方よりありがとうございますm(_ _)m

お天気快晴!!焦げること間違いなしの日差し。
まずカラダを冷やすためキャンプ地の第十堰で水浴び・カヌー。
お次は鮎喰川上流へ移動。2005_02260002
スタッフ躊躇なく走り込んで川へダイブ!気持ちいい。
みんななぜか固まっている。
あれ?どうしたんだろう・・・・??怖いのかなぁ?

実は透明度の高い川に感動して動けなかった様子。
しばらく上から眺めていたかったとか。

というのもつかの間。

飛び込む飛び込む・・・獲物を狙う狙う・・・ひたすら潜る潜る。
ぷっつり何かが切れたようだ。

2005_02260001 2005_02260012_1 2005_02260017
2005_02260011 2005_02260028 2005_02260019
2005_02260032 2005_02260021 2005_02260033

網で小魚をゲットしたり、
獲物を突いたり、
5mジャンプでは物足りず、10mジャンプにチャレンジ。

2005_02260120 2005_02260121 2005_02260123
2005_02260127 2005_02260129 2005_02260130

そしてカヌーでスイスイ水上を走り回る。
水のかけあい。落とし合い。
ロールの練習にチャレンジする人も・・・

2005_02260008 2005_02260031 2005_02260029
2005_02260037 2005_02260036 2005_02260042
2005_02260045 2005_02260051 2005_02260058

気がつけばもう18時になっていた・・・
しかしまだまだ遊び足りない様子。
もう大人の川遊びではなく、皆子どもそのものだ。
いやそれ以上かもしれない。

獲物を初めて捕らえた時の顔
ウナギの頭を発見した時の顔
飛び込む前のこわばった顔、飛び込んだ直後の顔
カヌーで沈した時の顔
水をかけられ悔しそうな顔
夢中になりすぎて溺れそうになった時の顔

子どもに負けないくらいみないい顔をしていた。

夜になると・・・
たまたま予定が重なっていた阿波踊りの練習に
河童たちも参戦。
第十堰で川を見ながら鐘や太鼓のリズムに合わせて踊る阿波踊り。
踊る阿呆に見る阿呆。同じあほなら踊りゃなそんそん♪

汗だくになって踊った後は、
これまた、たまたま重なったどこかの花火大会を
帰り道車の屋根に上がってみんなで眺めた。
時間が止まる。夏の思い出。

2005_02260110

夜はまだまだこれから。

お次は昼間に捕ったナマズ(推定60㎝)の解体ショウ。
まるで自分が捕ったかのようにポーズをとって
ハイチーズ(笑)

2005_02260071 2005_02260075 2005_02260077
2005_02260073 2005_02260074 2005_02260062

そしてエビ捕りにLet’s go!!
今夜はエビ捕り日和。コンディションは抜群。
大きな手長エビが山ほど捕れた。
「そろそろ帰りますよ~」と言われても・・・・ねぇ。

ついに「エビ捕りすぎ注意報発令!!」です。

2005_02260082すぐに自分が捕ったエビの見せ合いっこが始まる。
「みてみて~」「こっちの方が大きいよ~」
まるでまるで・・子どもだ(笑) 
「はいはい、車に乗ってください~」そんな声も届かずみな自慢仕合っこに夢中でした。

川の幸でお酒のアテを作る。
小さめのエビは素揚げして塩、または塩コショウ。
大きいエビはエビチリに。
なまずはもちろん蒲焼きに。
その他、小魚の唐揚げ、コイの酢漬け。
お酒がすすむ。話がすすむ。

午前0時。これで終わりと思うでしょ。
いやぁ~まだまだ大人の川遊びはこれからなのです。

夜突きに6名が挑む。
ギャラリーも加わって、夜の川へ再び。

しかし・・・・残念ながらお魚ゲットならず。
くたくたになり、眠くなり、体力の限界を感じた午前2時。眠すぎる(*_*)

次の日。
遊び疲れが心地よい朝。今日も快晴!

ちょっと遅めの朝食をとり、昨日よりもっと上流へ向かう。
残念ながら、台風4号で川の形がかわり、6月下旬に見つけた
鮎のパラダイス(略して「鮎パラ」)はなくなっていたが、

な飽きもせず魚の姿を追いかけ続けました。
疲れたら河原でごろ寝。のんびりカヌーを漕ぐのもいい。
初めてお魚ゲットしてはしゃぐ人。

2005_02260091 2005_02260093 2005_02260084

水鉄砲で悪戯。頭皮マッサージ。
2005_02260101 2005_02260105 2005_02260106

2005_02260064_1 2日目だし、疲れてすぐ帰るだろうと思っていたけど、なんと気付けば1時半を過ぎていました。
ほっとけばまだまだ遊んでいただろうな・・・
恐るべし!

キャンプ地へ戻ってお昼ご飯。
もう2時を過ぎている。
それにもかかわらず、「お昼からはどうするの~?」と2人に聞かれる。

どんだけ遊ぶねん!!(>_<)

ほんまみなさんには負けましたわ(笑)

2005_02260113_2 今回の大人キャンプ。
感想を聞くと、鮎とうなぎがゲットできなかったことが心残り・・・という人もいましたが、みんな「満足!満足!」って顔に書いてありました。

心残りがあるくらいがちょうどいい。
また吉野川に来たくなるから・・・。

参加者同士もスタッフもいつの間にか仲良くなっていて・・・
昔から知り合いだったかのように別れを惜しみ、
それぞれ遠方まで帰っていかれました。

たくさん話ができたわけではないけれど・・・
一緒に川でとことん遊んで、川の幸を食べて、
吉野川で踊って、花火見て・・・・
吉野川のおかげで、
いつの間にかみんなつながってたんやなぁ~

って。
なんだか涙が出そうになりました。

2005_02260109_2みなさんありがとうございます。
素敵な2日間を過ごすことができました。また、ぜひ吉野川へ帰ってきてください。

そして、これからもつながっていけますように!

みんなに愛される吉野川が永遠に元気でありますように!!

まきろん

|

« キャンプ・キャンプ・キャンプな日々 | トップページ | 夏休み企画「テラ」:川あそび・流しそうめん »

コメント

本当に楽しかったあ!みんな子どもみたいな笑顔だね♪これも素晴らしい吉野川の自然と、ここで出会った素晴らしい仲間、素晴らしいスタッフのお陰です!ありがとう!ぜひ、また遊びに行きたいでーす!

投稿: じゅん | 2007-08-01 19時02分

みなさんとの出会い。充実した時間。
吉野川・鮎喰川に感謝感謝です。

待ってます。

投稿: makiron | 2007-08-02 10時17分

みなさんに紹介したい遊びスポットが、吉野川にはまだまだまだありますので、ご案内します。
「吉野川のガイドをしてほしい」と、ご連絡もらえたら、堂々と遊びにいけるので!

投稿: スーザン | 2007-08-03 01時16分

超おもろかった!ありがとう!

飛び込みした衝撃で、
おしりから太ももにかけて
アザだらけになっっちょったがやけど、
(お見せすればよかったわ)
しだいに消えてきて寂しい限りです。

投稿: akari | 2007-08-03 09時34分

まきろん、楽しく読ませていただきました。
今回参加できることをとっても楽しみにしてたのに、
直前で行けなくなって、ほんとに残念・・・。
私も仲間に入りたかったなぁ!!
エビ捕りもしてみたかったし、うなぎにも出会ってみたかった。
なまずは遠慮したいけど、でも、そこにいれば恐怖よりも興味に変わるんだろうなぁ!!
10メートルジャンプにもチャレンジしてみたかった。
阿波踊りも一度は生で見てみたいっ!

“はじめて”と“ワクワク”がそこには沢山あったのに!!

笑顔でいられることに勝るものなし。
自然に感謝だね。

まきろん、スーザン。
2日間おつかれさま。


投稿: まなみ | 2007-08-05 01時23分

何を言ってるんですか!ウナギと同じだけのうまさ = ナマズ ですよ。

投稿: スーザン | 2007-08-06 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261829/7331048

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の川遊びまくり(*_*)キャンプ:

« キャンプ・キャンプ・キャンプな日々 | トップページ | 夏休み企画「テラ」:川あそび・流しそうめん »