« 「カメラ沢と呼ぶ理由」・・・川塾第2回 | トップページ | カヌーに乗ってどこまでも~♪ »

2007-09-19

かんどり舟に乗って♪(第6回水辺)

2007_09080008 今回は「昔の川漁師の知恵を学ぼう!」がテーマ。

朝、子どもたちに宿題の「川漁の方法にはどんなものがあるかな?」を発表してもらいました。

ウナギを捕る方法・タテ網・ハエナワなど多くの漁法がでてきました。

2007_09080011 お堰の目の前にある波止先に移動し、

講師である坂東福太郎さん(元川漁師)と合流。

さらにそこからカヌーに乗って第十堰下の中洲へと向かいます。

2007_09080034 中洲に着くと、みんな川の中に腰をおろして坂東さんが昔の吉野川の事や、投網漁の方法を話して下さるのを聞きました。

子どもを魚に見立て、坂東さんが投網をうつ場面では、網に捕らわれた子どもの表情がやけに神妙で、思わずみんな笑ってしまいます。
2007_09080030 2007_09080021 2007_09080022

次に坂東さんは、昔から吉野川で川漁に使われている「かんどり舟」という木製の舟に乗り、タテ網を仕掛けに行きます。(川に網をタテに設置する漁法)
2007_09080050 2007_09080061 2007_09080068

子どもたちは、カヌーに乗ってその様子を眺めるのですが、あまりにも興味がありすぎて、かんどり舟や仕掛けたタテ網に近づきすぎてしまいます。

それじゃぁ、魚がとれないぞ~。

網を仕掛け終われば、子どもたちは川で自由に遊びはじめます。
2007_09080013 2007_09080040 2007_09080071
2007_09080086 2007_09080110 2007_09080111

坂東さんと投網をうったり、カヌーを漕いだり、かんどり舟漕いだり、泳いだり。
2007_09080076 2007_09080087 2007_09080098
2007_09080077 2007_09080096

2007_090801342007_09080128_2  「昼間に網にかかるような魚はおらん」と坂東さん。それでも投網をうつと、一匹ですがイダ(ウグイ)がとれたので、みんな大喜び!

あっという間に昼食の時間になってしまいました。

午後再び川へ。仕掛けたあたりで魚が跳ねている!ふくらむ期待!!・・・・・残念!結局魚は一匹もかかっていません。でもワクワクしたなぁ~。

タテ網を回収して少し川で遊んでいる間に、潮がぐんぐん満ちてきました。中洲に置いてあるカヌーが流されそうに。風が強くなってきて波が立ちはじめました。スタッフの呼びかけにみんな急いでカヌーに乗り込んで、川から脱出。これで、今日の川遊びは終わり・・・かと思いきや最後にかんどり舟を川から上げる作業がみんなを待っていました。

川の水をたっぷりと吸ったかんどり舟はかなり重い!!

2007_09080140 「ワッショイ!ワッショイ!」のかけ声のもと、大人も子どもも総動員で舟を持ち上げて動かします。ふーさすがにちょっと疲れたかな?でも、「疲れた~」と言いながら、みんないい顔しているよ。ホント。

 

 子どもたちに「かんどり舟の特徴は何だった?」と聞いてみます。すると・・・「木でできている!」「船底が浅い!(ので浅瀬での漁が可能)」「竜骨がない!」「オール(櫂)が細長い!」などなど。みんなよく観察してるねぇ。川漁の事、かんどり舟の事、今回体験した事、感じた事を思い思いに日記に綴り、解散となりました。

さて、来月はハゼ釣り!ハゼとは一体どんな魚なんでしょうか?次回をお楽しみに。

byあねご

|

« 「カメラ沢と呼ぶ理由」・・・川塾第2回 | トップページ | カヌーに乗ってどこまでも~♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「カメラ沢と呼ぶ理由」・・・川塾第2回 | トップページ | カヌーに乗ってどこまでも~♪ »