« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008-11-26

大物がかかるのはいつの日か?

第十堰水辺の教室~川漁師の知恵を学ぼう~

2008_09030017_22008_09030016  吉野川に脈々と受け継がれている漁師さんの知恵を学ぼうということで、講師に坂東福太郎さんをお招きした。板東さんは、かつて第十堰で漁をして、獲物を生活の糧として暮らしていた方である。現在は第十堰のほとりで農業を営まれている。

 

かんどり船に「たて網」と「投網」を積み込んで、第十堰の下流に繰り出す。数日前の大雨の影響で、川の水はやや濁りといったところか。本来ならばこういう時には網をはることはしない。なぜならば、流木やゴミが多く流れて来て、それが網に引っ掛かって破いてしまうからだ。ただ水の濁りによって、魚に網の存在を気付かれないかもしれない。

2008_09030027  堰の下流に、たて網を張ることにした。今回は流れに対して、やや斜めに、堰下流の砂州に沿って網を設置していく。一人は船を操作しながら、もう一人が網をゆっくり張り出していくという作業。カヌーでこぎ出してきて、その様子を近くからうかがっている子どもたち。砂州では、投網を練習している子どもたちもいる。
2008_09030031_2 2008_09030041 2008_09030039 

 

2008_09030032_2  かつて川で漁をして、生活の糧を得る暮らしは、吉野川のあらゆる場所であったはずだ。しかし川の汚れとともに、魚や生き物の数は激減し、同時に人の川に対する関心も薄れていった。川から生計を得たり、川で魚を捕る人が減少していることは事実である。川から人がいなくなれば、川そのものはどうなってしまうのか。

2008_09030049  続いてお堰にて、坂東さんより昔の吉野川や漁の体験の様子を聞く。

Q 漁のどんなところがおもしろいの?

A 魚を釣ったり、捕ったりした時のグググっというあの感触がたまらんなぁ。

Q 吉野川はどんな風に変わっていますか?

A ダムができる前は、魚が信じられんぐらいおった。水の中を歩いたら魚が足にぶつかってきて、わしの足の下で休憩してたわ。水が汚くなって、魚がおらんだろう。もう昔みたいな川にするのは無理じゃろうなぁ。

2008_09030054Q どうして漁師さんになろうと思ったの?

A そりゃあ親父がやっとったっていうのもあるけんど、やっぱり川が好きじゃからじゃわ。漁師っていうのは、みんなそうやろう。みんな川が好きなんやわ。

 最後に、しかけたたて網を引き揚げに行く。かかっていたのは、残念ながら小枝やプラスチックごみばかりだった。2年連続のボウズ(何も捕れないという意味)。水辺の教室の網に、大物がかかるのはいつの日になるのか。

レポートby スーザン

| | コメント (0)

2008-11-17

川ってどんなところ?

2008.11.15sat 第8回水辺の教室
テーマ:川はどうして汚れるの?~家庭排水のことを知ろう~

今回の水辺はいつもとちょっと違うsign01
川に入ることなく、生き物を捕まえることなく、川を感じ、考える。
見る・嗅ぐ・触る・感じる・想像するflair
さぁ、今日はどんな川の時間になるのかなsign02


さて、 みんなが思う「川」ってどんなところ?
それぞれがもっている川のイメージを頭に浮かべながら、お堰近くにある神宮入江川へと探検footにでかけました。

2008_11150006_2 2008_11150007 2008_11150008 

神宮入江川ってどんな川だろう?
みんなの想像している川と同じかなぁ~どこが違うだろうか・・・


2008_11150012_3 いつもなら着いたらすぐ川に飛び込む子どもたち。
でも、今日はいつもと様子が違います。川が大好きな子どもたちも、誰も神宮入江川には入ろうとはしない。

入る気にはなれないので、
川の水をとってペットボトルに入れて色を見てみる。
恐る恐る匂いを嗅いでみる・・・ううぅ bearing

頭がクラクラしてきた~sad
触ってみたいとは決して思わない・・・ wobbly
もちろん、飲むなんて とんでもない
coldsweats02


2008_11150014 2008_11150016 2008_11150023_2


2008_11150020 ところで、この汚い川はどこへつながっているのだろう?
川の終わりをめざして歩いてみる。
なんと!いつもみんなで遊んでいる吉野川に注ぎ込んでいるではないか~shock


途中、鳥たちがいるのを見かけたけど、どうしてこんな汚い川にやってくるのだろうか??本当に不思議。

みんなに感想を聞いてみる
「汚い」「くさい」「気持ち悪い」「クラクラする・・・」「吉野川につながっているなんてショック」「亀がいた~」

あまりの汚さに衝撃punchを受けたようだ。

ところで、みんなの家の近くにはこんな川あるかな?神宮入江川だけが特別なんだろうか?

さて、「みんなの家の水はどこからやってきて、何に使われて、どこへいくのだろう?」
午後からは、宿題pencilでそれぞれ考えてきたことをもとに、グループで話し合ってみました。
2008_11150041_2 2008_11150042 2008_11150043 

「どこからやってくるの?」→浄水場、地下水、吉野川、今切れ川、山、みどりのダム、雨水、ダム・・・

「何に使っている?」→洗濯、調理や洗い物、はみがきや洗顔、水やり、お風呂、トイレ、洗車、飲み水・・・・(その他、スキー場、農業用・・・)

「どこへ行く?」→下水処理場、用水路、川、海・・・


そんなことを話していると、

雲→雨→山→緑のダム 人工のダム→川→浄水場→蛇口→人間(排水)→下水処理場→川→海(蒸発)→雲→雨・・・・

水の循環についてまとめてくれたり、絵に描いて説明してくれた班がありました。
2008_11150044_2 2008_11150045 

どの班も、最終的には川や海に流れるということは共通していて、汚しているのは人間なんだから人間がなんとかしなきゃという人もいました。

2008_11150047 最後に、「自分自身ができることってないかなぁ~?」とそれぞれ考えてもらいました。

「おしっこやうんちを我慢する」「ためてから流す」という面白い意見もでてきましたが、それぞれができることについて、1人1人が発表してくれました。


今日誓ったことをどれだけ実行に移せるかはわかりません。

川と自分たちの生活がつながっていることを実際の川を見て、触れて、少しでも感じてもらえたらいいなぁと思います。

そして、もっともっと遊んで、川やそこに住む生き物を感じて、川を好きになってほしいな。

みなさんはどんな川を思い浮かべますか?
遊びたくなる川ってどんな川ですか?

pen&cameraby makiron

| | コメント (0)

ハゼ釣り→ハゼの天ぷら

fishはいー!

やってきました水辺の教室第7回!今回のテーマは「はぜはどこに住んでいるの?はぜを釣ろう!」でした。ということで、スケジュールもひたすら釣り。釣って釣って釣りまくれ!

っと、その前にみんなの宿題を発表してもらって、どこで釣れるか確認しよう。
Mizube7_003 Mizube7_005

きれいに絵を書いてきてくれてた子。

はぜの種類を調べた子。

はぜは何を食べるのか。どこに住んでいるのか。

そして、はぜは住んでいる水の色に合わせて体の色が変わることを教えてくれた子。

みんなの発表で知識はばっちり★さぁ!釣りますかー!!!

Mizube7_010 けど、みんな竿を伸ばすのに一苦労。今回使ったのはのべ竿ではなく、リール竿。わっかの向きを揃えたり、伸ばす間に糸が抜けたりとみんな悪戦苦闘してました。そして、おもりも針もつけてしかけは完成!

「さぁ、釣るぞ!エイヤァ!」、って、餌つけてないよ!ここからが一番の難関だった子も多かった。今回の餌はサバ虫でもなく、ミミズでもない。足があって、たまに噛むゴカイちゃんです。虫嫌いな私は恥ずかしながら子どもたちと一緒にうにょうにょ動くゴカイにわーわー言ってました。そんな集団とは真逆でサクサクっと自分でつけていた男の子たちもいました。ゴカイをテキパキ針につけていく姿は頼もしく、大きく見えました。
Mizube7_008 Mizube7_011 Mizube7_015

Mizube7_024   さっきも言いましたが、今回は投げるのが簡単なのべ竿ではなくリール竿。リール竿は投げ方がややこしく、慣れないうちは糸が絡みやすいのです。だから、投げ方を教えてもらってからしばらくは投げても遠くへ飛ばない、糸が竿先でぐちゃぐちゃになったというハプニングがあっちこっちで勃発してました。糸がもつれてばかりで飽きそうになったところに「釣れたー!!!!」という大声が!はい、この声でみんなのやる気復活。みんな釣ってやるという熱い気持ちが目からビームのように出てました。

徐々に投げ方も慣れてきて、遠くまで飛ばせるようになってきたところでお昼ご飯だー!今回は芋ご飯と豚汁。みんな川沿いに並んでモリモリいっぱい食べてました。そして、食べ終わったらすぐに釣り再開!

投げる。巻く。投げる。巻く。投げる。巻く。餌をつける。投げる。巻く。糸がからむ。投げる。からむ。投げる。巻く・・・・・そしてときどき「釣れたー!」の歓喜の声。しかし、一番釣ることに必死だったむらい、こうへい、かじ、末吉の男の子集団はなかなか釣れない。場所が悪いということで、樋門の向かい側へ移動~。・・・やはり釣れず。

その頃、本部前では釣ったはぜを天ぷらにしてくれてました。そして、樋門の向かい側まで配達してきてくれて、みんなあつあつのはぜ天ぷらにご満悦。美味しい天ぷらでテンション上がりまくり!
Mizube7_028 Mizube7_031
Mizube7_036

Mizube7_034_2 Mizube7_035_2

                 てんぷら職人↑
一緒に樋門の向かい側に来たあーちゃんともっちゃんも頑張って投げ込むが釣れず。結局、樋門近くでやる気満々チームは釣れませんでした。

でも、遠くまで投げられるリール竿は投げるだけでも楽しそうでした。釣れなくても、しっかり釣りの楽しさは満喫していたようです。最初は嫌がっていたゴカイがつけれるようになったり、糸がからんでも自分で直せるようになったり。気持ちいい天気の中で、みんなちょっと大きくなったように感じた第7回でした。

camera釣れた~happy02
Mizube7_020 Mizube7_023 Mizube7_006_3
Mizube7_025 Mizube7_027 

penby むーみん

| | コメント (0)

真夏のレポート!

レポートが大変遅くなってしまって、申し訳ないですcoldsweats01もうすっかり寒い季節に真夏のレポートをお届けします。

P8220020 2008年 8月22日~24日の3日間、河童’スクールin穴吹川が行われました!

天気もよく、残念ながら水量は例年よりも少なかったけれど、穴吹川の透き通ったきれいな水は健在です。

集合時間よりも早めにどんどんやってくる川ガキたちは、我慢しきれず早速浅瀬で水遊びを始めていました。

P8220012 その時スタッフのダイジが、川岸の道でヤドカリを捕まえてきました。体色は紫色で大きさ6cmくらいもあるきれいなヤドカリです。川にヤドカリ??きっとどっかの家で飼ってたのが逃げ出したんだよ。という結論になっていたのですが、キャンプが終わって調べてみたところ、熱帯地域にムラサキオカヤドカリという、陸地に生息するヤドカリがいることが判明。貴重な発見だったのかもしれません!

みんな揃ったところで、自己紹介、テント設営、お昼ご飯を済ませ、いよいよ川へ!

いつもは飛び込みができる岩場へ行ったけど、今回は水が少なすぎて飛び込むと足が底に着いてしまうほど。みんなすぐに飽きてしまい、新たな遊び場を求めて上流へ溯りました。そこで岩の下に群れるウグイと、流れの早い天然のウォータースライダーを発見。

ちょっと寒かったけど、ココアを飲んだりパンを食べたりしながら、のんびり遊びました。

早速30cmくらいのギギを突いた子もいました。

Dscf6159 P8220026 P8220069 

晩ご飯を食べたあとで捕ってきた魚をみんなでさばいて料理しました。

ヨシノボリとギギはおいしい唐揚げになり、すぐに完売。

しばらくすると、こっそり潜りに行っていたスーザンと、かいゆうが、ヤスの先にモクズガニを刺して帰ってきました。ええ出汁の出たみそ汁になり、おいしくいただきました。
P8220036 P8220081 P8220084

2日目の朝。

昨日の時点でおっちゃんが、「明日は一日雨や」と言っていたけど、なんとか持ちこたえてるようです。くもりでちょっと寒いけど、ホットココアと焚き火用のライターを持って川遊びへ!

やっぱり寒くて、なかなか全身つかることができない子どもたち。一回入っちゃえば平気なのを知っている私は、どんどんみんなを沈めてやりました。でも本人はその後ですぐに岩の上に避難して動けなくなってました。やっぱり朝は寒いよー!

P8230102 私のように寒がりな子たちを集めて、たきぎを集め、焚き火をしました。そしたらおっちゃんが魚を突いて持ってきてくれたので、捕れたてを焚き火で塩焼きにしていただきました。おいしかった~!

寒くて川に入れない組は、水をつけた石をこすりあわせて出た汁で、顔や体にペインティングをして遊びました。

P8230116 P8240213 P8230112

私は現場にはいなかったけど、同じ頃に上流ではかいゆうの腕にマムシが巻き付くというスリリングな事件があったそうです。振り払ったあと、みんなでビビリまくりながら、ヤスで突いたり石を投げたりしてとどめを刺したらしい。

P8230129 午後からは上流に行って、5mの岩から飛び込んだり、魚を突いたり、寒くなったら焚き火をしたり。遊び場に着いてたった5分で30cmくらいのフナを突いた子もおりました!

スタッフのスーザンとこうせいとおさげは、みんなの飛び込む岩の下でフリークライミングしてました。

夜はその日の獲物の料理と、けんちゃんのパン作り教室。その日の獲物の中には、もちろんマムシも・・・

マムシの蒲焼きはウナギの骨のようで、なかなか美味でした。あと、マムシの皮が意外にもキラキラしてめっちゃきれいだったのには、驚きました。

普段のキャンプでは、魚を捕ってもスタッフが声を掛けないとさばかない子が多いのですが、今回は気づいたら男の子が3人でさばき始めてました!感心感心。ナイス川ガキたちです。きれいな穴吹川の水で育ったフナはそのまま唐揚げでとっても美味しかったです!

P8230181 P8230176 Dscf6270

パンこねこね                  まむし~ 

最終日。

昨日の上流が楽しかったから、最後はみんなで上流に行ってめいっぱい遊ぼうということになりました。

ちーちゃんがスタッフの名前を呼びながら岩から飛び込んで、名前を呼ばれたスタッフは次に飛び込まなければいけないというルールになっていて、今回はこっそり飛び込まずにいた私ですが、結局飛び込む羽目に・・・きれいな水に飛び込むのは気持ちいいんだけど、上から見るとなかなか決心のつかないものです。飛び込むのに10分くらいかかりました。

その5mの飛び込み岩の下からフリークライミングしていたスタッフの一人おさげが、今日は遂に一番上まで登りきりました。やればできるもんやなぁ。

最後は雨がめっちゃ降ってきて、寒いしもうみんな帰るやろうと思ったら、どうせ体は濡れてるし同じやって感じでみんなまだまだ元気に遊んでました。川ガキは強いっす。

P8230136 P8240203 P8220029

遊んで獲って食べて寝て、きれいな水に癒された3日間でした。

来年はもっと水がたくさんあるといいなー!!
Dscf6297

pen&camera by Top

photo album
Dscf6137 Dscf6145 Dscf6151
Dscf6156 P8240189 Dscf6258
Dscf6161 Dscf6168 Dscf6170
Dscf6218 Dscf6241 P8220001
P8220021 P8220033 P8230098
Dscf6273 Dscf6274 P8230180
マムシの蒲焼き~食べた3人組・・・

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »