« 第6回水辺レポート「ありのまま」 | トップページ | ハゼ釣り→ハゼの天ぷら »

2008-11-17

真夏のレポート!

レポートが大変遅くなってしまって、申し訳ないですcoldsweats01もうすっかり寒い季節に真夏のレポートをお届けします。

P8220020 2008年 8月22日~24日の3日間、河童’スクールin穴吹川が行われました!

天気もよく、残念ながら水量は例年よりも少なかったけれど、穴吹川の透き通ったきれいな水は健在です。

集合時間よりも早めにどんどんやってくる川ガキたちは、我慢しきれず早速浅瀬で水遊びを始めていました。

P8220012 その時スタッフのダイジが、川岸の道でヤドカリを捕まえてきました。体色は紫色で大きさ6cmくらいもあるきれいなヤドカリです。川にヤドカリ??きっとどっかの家で飼ってたのが逃げ出したんだよ。という結論になっていたのですが、キャンプが終わって調べてみたところ、熱帯地域にムラサキオカヤドカリという、陸地に生息するヤドカリがいることが判明。貴重な発見だったのかもしれません!

みんな揃ったところで、自己紹介、テント設営、お昼ご飯を済ませ、いよいよ川へ!

いつもは飛び込みができる岩場へ行ったけど、今回は水が少なすぎて飛び込むと足が底に着いてしまうほど。みんなすぐに飽きてしまい、新たな遊び場を求めて上流へ溯りました。そこで岩の下に群れるウグイと、流れの早い天然のウォータースライダーを発見。

ちょっと寒かったけど、ココアを飲んだりパンを食べたりしながら、のんびり遊びました。

早速30cmくらいのギギを突いた子もいました。

Dscf6159 P8220026 P8220069 

晩ご飯を食べたあとで捕ってきた魚をみんなでさばいて料理しました。

ヨシノボリとギギはおいしい唐揚げになり、すぐに完売。

しばらくすると、こっそり潜りに行っていたスーザンと、かいゆうが、ヤスの先にモクズガニを刺して帰ってきました。ええ出汁の出たみそ汁になり、おいしくいただきました。
P8220036 P8220081 P8220084

2日目の朝。

昨日の時点でおっちゃんが、「明日は一日雨や」と言っていたけど、なんとか持ちこたえてるようです。くもりでちょっと寒いけど、ホットココアと焚き火用のライターを持って川遊びへ!

やっぱり寒くて、なかなか全身つかることができない子どもたち。一回入っちゃえば平気なのを知っている私は、どんどんみんなを沈めてやりました。でも本人はその後ですぐに岩の上に避難して動けなくなってました。やっぱり朝は寒いよー!

P8230102 私のように寒がりな子たちを集めて、たきぎを集め、焚き火をしました。そしたらおっちゃんが魚を突いて持ってきてくれたので、捕れたてを焚き火で塩焼きにしていただきました。おいしかった~!

寒くて川に入れない組は、水をつけた石をこすりあわせて出た汁で、顔や体にペインティングをして遊びました。

P8230116 P8240213 P8230112

私は現場にはいなかったけど、同じ頃に上流ではかいゆうの腕にマムシが巻き付くというスリリングな事件があったそうです。振り払ったあと、みんなでビビリまくりながら、ヤスで突いたり石を投げたりしてとどめを刺したらしい。

P8230129 午後からは上流に行って、5mの岩から飛び込んだり、魚を突いたり、寒くなったら焚き火をしたり。遊び場に着いてたった5分で30cmくらいのフナを突いた子もおりました!

スタッフのスーザンとこうせいとおさげは、みんなの飛び込む岩の下でフリークライミングしてました。

夜はその日の獲物の料理と、けんちゃんのパン作り教室。その日の獲物の中には、もちろんマムシも・・・

マムシの蒲焼きはウナギの骨のようで、なかなか美味でした。あと、マムシの皮が意外にもキラキラしてめっちゃきれいだったのには、驚きました。

普段のキャンプでは、魚を捕ってもスタッフが声を掛けないとさばかない子が多いのですが、今回は気づいたら男の子が3人でさばき始めてました!感心感心。ナイス川ガキたちです。きれいな穴吹川の水で育ったフナはそのまま唐揚げでとっても美味しかったです!

P8230181 P8230176 Dscf6270

パンこねこね                  まむし~ 

最終日。

昨日の上流が楽しかったから、最後はみんなで上流に行ってめいっぱい遊ぼうということになりました。

ちーちゃんがスタッフの名前を呼びながら岩から飛び込んで、名前を呼ばれたスタッフは次に飛び込まなければいけないというルールになっていて、今回はこっそり飛び込まずにいた私ですが、結局飛び込む羽目に・・・きれいな水に飛び込むのは気持ちいいんだけど、上から見るとなかなか決心のつかないものです。飛び込むのに10分くらいかかりました。

その5mの飛び込み岩の下からフリークライミングしていたスタッフの一人おさげが、今日は遂に一番上まで登りきりました。やればできるもんやなぁ。

最後は雨がめっちゃ降ってきて、寒いしもうみんな帰るやろうと思ったら、どうせ体は濡れてるし同じやって感じでみんなまだまだ元気に遊んでました。川ガキは強いっす。

P8230136 P8240203 P8220029

遊んで獲って食べて寝て、きれいな水に癒された3日間でした。

来年はもっと水がたくさんあるといいなー!!
Dscf6297

pen&camera by Top

photo album
Dscf6137 Dscf6145 Dscf6151
Dscf6156 P8240189 Dscf6258
Dscf6161 Dscf6168 Dscf6170
Dscf6218 Dscf6241 P8220001
P8220021 P8220033 P8230098
Dscf6273 Dscf6274 P8230180
マムシの蒲焼き~食べた3人組・・・

|

« 第6回水辺レポート「ありのまま」 | トップページ | ハゼ釣り→ハゼの天ぷら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第6回水辺レポート「ありのまま」 | トップページ | ハゼ釣り→ハゼの天ぷら »