« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009-07-24

キャンプ初体験!

fish第4回水辺の教室「川遊びキャンプ」

★一日目

 「おはよー!!」

 天気が心配だったけど、うっすら雲があるくらいで太陽が顔を出した中、水辺の教室初めての12日キャンプが始まりました。そして、私にとっても初めてのキャンプ。

 どんな感じになるのかな~~??

P7110097  場所は吉野川第十堰の北岸でのキャンプ。お母さん・お父さん・おばあちゃんが送ってくれて、別れるのが寂しくてしがみついちゃう子。早く遊びたくてバッタを採ってはしゃぐ子。遊んだりご飯食べたり寝たり… みんな、どんな顔を見せてくれるのかなとワクワク♪

 まずは、大きな荷物から持ってきたお米やぼろ布を出してきて「これどこに持って行ったらいいの~??」と自分から言い出す子、緊張しているのか荷物を置いたままボーっとしている子。荷物を置いて花飾りを作って手渡してくれる子。みんなの表情がキラキラしていて自然とこっちまで笑顔になっていました。子どもの笑顔は本当に宝物だな~とつくづく感じさせられる瞬間でした。

2009_07120047  荷物の整理が終わった後は、テント毎に班分けとテント作り!

 自分たちの背丈よりも大きなテントを建てるから手を思いっきり伸ばして大きなテントの布を広げていました。 そして、ついにテントの完成!!真っ先にテントの中に入っていく子どもたち。「私ここで寝る~!!」と場所取りが早くも始まり、飛んだり寝たり、自分たちの作った大きなお城のようなテントで満足気にはしゃいでいました。

P7110115  その後、カヌー・見釣り・エビ釣り・ガサガサと、待ちに待った川遊びの時間!

  着替えた後、いざ出陣!

釣り竿から自分たちで作り、えさもミミズを付けて釣りをしました。「怖いし気持ち悪いけん付けて!!」と頼んでくる子たちもいつの間にか自分たちでえさを付けるようになるくらい、夢中になっていました。

  「こっちに来たら捕れるよ!!」と、捕れる場所まで連れて行ってくれる子が。すると、不思議なくらい魚がえさをつつきだして、「大きいのん釣れた!!!」とみんなが夢中に!!でも、この見釣りの目的は、魚を釣るだけじゃなく、自分たちの釣った魚を料理してから食べるというところまで。

2009_07120055 P7110132 P7110164

  アユカケやヨシノボリといった小さな淡水魚がいっぱいと、テナガエビも捕れて、夕食の時に食べるのをみんな楽しみに遊びました。 それぞれ夢中になっているうちに気がつくと夕食の時間に。戻る時も「まだやる~!!!」「ちょっと待ってだ~!!!」としぶしぶ。

2009_07120096   夕食の時間。みんなが釣った魚やエビをから揚げにして食べるために、キッチンで魚をさばいていると、興味津々の子達がキッチン周りに集まってきていました。

 夕食が終わると、夜のお楽しみ☆エビ捕り!!みんなヘッドランプを付けてエビ網を持って、第十堰のテトラポットの上を進んでエビがいっぱいいるところへ。暗かったので少し危険でしたが、暗い中、いるはずのエビと睨めっこしながら。岩と岩の間にライトを当てると、エビの目が赤く光って「ここにいるよ!!」と、エビが教えてくれるのでそーっと網を入れて捕る。

P7110176 …とは言っても簡単には捕れず、終わってみるとスタッフのてらちゃんがビニ-ル袋にごっそりと大量に捕っていました!!さすがてらちゃん!!そして、このエビたちもから揚げや塩茹でをしてみんなのお腹の中に…。「手も食べれるけんうまい!!」や塩茹でのものは「お腹のところがおいしい!!」という感想がいっぱいでした。

 そして夜の10時ころ就寝…のはずでしたが興奮冷めやらぬ様子でテントの中で寝袋を使って青虫ごっこなどをしてワイワイがやがや…。さすがに疲れたのかみんな、おやすみなさ~いzzz

★二日目

P7110169_2「お腹すいた~!!!」

と言う声で目を開けてみると、まだ朝の5時!

 子どもたちは疲れて朝起こすのは大変だろうなぁ…。という心配はどこへやら。5時から魚釣りやガサガサをしに行きました!あるテントの班は前の晩に「5時から見釣りに行くけんな!起きてな!!」という約束で数名スタッフも5時に起きて川へ。やっぱりこどもはすごいなぁと改めて感心。
P7110108 P7110145 P7120183

 自分たちで魚を釣って食べるということがかなり嬉しかったのか、朝から前の日に釣った魚を全部から揚げにして食べてしまいました。恐るべしハングリー状態…。というわけで、朝ごはんは元気いっぱいにいただきました。

 その後、川に行くと堰から流れている水がぶつかる石の塊を発見!

 なんと、子どもたちで第十二堰を作っていたのです!

P7120200 P7120203 P7120214_2

「ここの流れを止めてあっちに流れを作ろう!!」「そこに石をもっと積まんと崩れてくるで~!」と、男の子4~5人でまるで棟梁のように指図をする子の下で石を積んでいる部下の様な風景が!!前の日に第十一堰を作っていたらしく、その光景を見て、将来はこの子たちがいるから希望が持てる!!そんな微笑ましい気分で一緒に作りました。

 

 そして、二日間のキャンプも終了へ。みんなで一生懸命に作ったテントもみんなでお片付け。見る見るうちにキャンプ会場が緑の原っぱに戻り、お迎えのご家族の方も続々と到着。お母さんやお父さんの顔を見ると疲れていた顔もぽっと笑顔になっていました。最後は思いっきり手を振ってバイバーイ!!
2009_07120101

 寂しいけどまた今度ね~♪

karaokebyがちゃ
cameraby トップ

sunキャンプphotocameraアルバムcancer
2009_07120048 2009_07120056 2009_07120065
2009_07120066 P7110101 P7110106
2009_07120072 2009_07120075 2009_07120090
P7110110 P7110128 P7110122
P7110118 P7110136 P7110141
P7110151 P7110156 P7110161
P7110169 P7110173 P7120184
P7120186 P7120199 P7120221
P7120185 P7120192 P7120219   

| | コメント (0)

2009-07-23

おいしい吉野川!!~しじみ漁の体験~

夏至の日の6月21日。

雨が心配された第3回目の水辺の教室ですが、空は曇りのまま持ちこたえてくれました。

今回はシジミ漁です。

旧吉野川大橋の下に集合し、川に入る前からカニやフナムシなどの生き物を見つけて早速みんな捕まえていました。

フナムシは気持ち悪いものという私の常識は、子どもたちには通用しません。

P6210115 2009_06210102

みんな揃ったところで、船に乗って今回お世話になる川漁師の矢田さんが登場。

今日は矢田さんに”じょれん”というシジミ漁の道具の使い方を教えてもらいます。
P6210116 P6210121 P6210122_2

矢田さんの船に2回に分かれて乗って漁場へ向かいました。

2回目の組がつく頃にはもうバケツに貝やヤドカリがちらほら。
P6210124 P6210125 P6210126

じょれんというのは、一度にたくさんの砂を掻いてシジミがたくさん捕れる大きなくわのようなザルで、腰にひもを掛けて引っ張る道具。
P6210128 P6210136

2009_06210109
2009_06210116 2009_06210118

矢田さんが軽々とやって見せてくれて、じょれんの中には1回でたくさんの貝が!

それを取ろうとみんなが一斉にじょれんの周りに集まりました。

「やりたいやりたい!」と、みんなチャレンジするけど、矢田さんはあんなに軽々やっていたのに、じょれんの中の砂が増えてくるとどんどんじょれんは重くなり、すぐに子どもの力では動かなくなります。

「そろそろ手伝うたろか~」

矢田さんが後ろから引っ張ってくれて、さらに何メートルか進みます。

砂のいっぱい入った重たいじょれんを引き上げて揺らして砂を落とすと、シジミやハマグリ、アサリがコロコロと入っていました。
2009_06210129 2009_06210132 P6210129
P6210139 P6210140 P6210132   

じょれんは、網の目が12mmになっていて、それより小さいシジミは自然と通り抜け、捕れないようになっています。

小さいシジミは捕らないのが、矢田さんのシジミに対する思いやりであり、吉野川で毎年シジミが捕れるためにも大事なことなのです。

今年は例年に比べてハマグリやアサリが多く、シジミ漁に来たのにシジミはほとんど捕れませんでした。

川の水をなめて「しょっぱーい」とみんなが言っていたように、雨が少ないせいで川の塩分が濃くなって、海に近くなっているかららしいです。

でも場所によっては水底を手で探ると10回に1回くらいは何かの貝に当たるという快感。

「めっちゃでっかいのおったー!」

「あっちの方がもっとおるかも!」

元気な声が川に響き、子どももスタッフも夢中になって貝を探していました。
2009_06210134 2009_06210142

午後からはお堰に移動してお昼ご飯を食べ、矢田さんにシジミの話を聞きました。

P6210152 P6210144 2009_06210157 

昔は今よりももっともっとたくさんシジミが捕れて、漁協で決まっている一日の漁獲量の32kgのシジミはたった1時間で捕れていたそうです。

それからシジミには水の浄化作用があって、川の水を吸って吐くことできれいにしているんだって。

シジミのおかげで吉野川はきれいになっていたんだね。
2009_06210147 2009_06210219

最後はみんなで捕ったアサリとハマグリを試食。

シジミは少なすぎて、残念ながらみんなの分はありませんでした・・・

料理法は矢田さんに教わった、塩も何も入れずにフライパンで5分間蒸し焼きにするだけというもの。
2009_06210193 2009_06210199
2009_06210204

吉野川で捕れた貝は、そのものの味だけで十分!

本当に味付けしてないの?とみんなが疑うほど美味しくて、あっという間にお皿はからっぽでした。
2009_06210183_2 2009_06210181 2009_06210173

お腹も満たされ、満足気に帰って行った子どもたち。

2009_06210191 2009_06210187

次回はいよいよ待ちに待ったキャンプです。

今度はどんな生き物に出会えるかな?

2日間たっぷり遊ぼう!

karaokeby トップ

cameraby トップ&るな
   

| | コメント (0)

2009-07-02

キャンセルがでました♪

7月18日(土)~20日(月)
河童sスクールin鮎喰川キャンプに1名キャンセルがでました。

参加希望の方はお早めにお申し込みください!!

先着です。

| | コメント (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »