« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009-10-30

もうすぐです!!野田さんと吉野川を下ろう!!

野田知佑さんと吉野川を下ろう!

もう10月終わりですね。。早いものですね…maple

徳島も朝夕は涼しい→寒いに変わってきました。

さて、11月といえば「野田さんと吉野川を下ろう!」です!!

一週間後に迫って参りましたdash

興味をお持ちで、まだお悩み中の方!

あと残りわずかですsweat01

ご希望の方は、来週11月2日(月)までにご連絡下さい!!

よろしくお願いしま~すsmile

| | コメント (0)

第7回 水辺の教室

『吉野川さん、ごちそうさま』

曇り空でちょっと寒いかなと思うような秋の朝。

お堰の家に子どもたちが集まってきた!その手には延べ竿やリール竿が!!

そう、今日は第7回水辺の教室。

今回は「ハゼってどこに住んでるの?ハゼを釣ろう!」というテーマfish

その名の通り、吉野川に住んでいるハゼについて色々知ったり、ハゼを釣っておいしく食べるという何ともウキウキするテーマです。

004

よし!全員集まったところで…宿題発表。

ハゼはどこに住んでいる??↓↓

「流れの緩やかなところ」「底が砂とか泥のところ」「吉野川」「河口」

と、いっぱい出てきたね!

じゃぁハゼは何を食べているんだ?↓↓

「ゴカイ」「イソメ」「ミミズ」

宿題発表の後は、よっさんが竿のしくみやハゼの釣り方を説明してくれました!!

みんな分かったかな?釣りに行きたくてウズウズしている様子。

いざ第十堰南岸・釣りスポットへ!!007_2

早速釣りをしたいところだけど…まずは、竿のしかけをしなければ!!

スタッフはせかされる一方…これが自分1人でできるようになったら一人前だなぁ~なんて思いながら、必死にテグスに苦戦中。その頃子どもたちは…

「あっ!でかいボラがおる!」わくわく♪

「あっちにカニいっぱいおる!」なんて言いながらまだかと待っていたね!

「よっしゃー!竿できたぞー!!」

その声を聞いて一瞬に飛んできてやる気満々!!やっと釣れる…なんて思ったら大間違い!

針にエサを付けるんだーー!エサはゴカイ!!

「うゎ~気持ち悪い!いやーー!!」

わいわい言いながら針に付ける。ゴカイのおかげで魚が釣れる。011

「よし!ようやく釣れるぞ~~!!」

平らになっているテトラポットを探して自分の身長よりも長い長い竿を持ってよろよろしながらLet‘sGo!!

釣り糸を川に垂らしてじーっと待つ。

「釣れたー!!」という声もあれば、「釣れーん。。」「引っ掛かった><」という声も。

釣りをしながら見る景色。あ!カワセミが!!綺麗だ~。

これも貴重な自然が残っている証拠かな~。

など、のんびり考える。これも釣りの楽しみ方の一つだなぁ。

みんな釣れたり、糸が切れたり、ゴカイを付けたり…興奮も治まらないままお昼ご飯!!

お腹がすいているのも忘れるくらい釣りに熱中していました!!

よーし!!お昼ご飯を食べてから元気100倍!!

昼になってからテトラポットの上を歩くのが素早くなった!その上、ゴカイを針に付けるのも余裕が出てきた気が。

お昼からは、釣れた魚を「食べたい!!」という声が。

よし!食べよう!!さばいて天ぷらにして食べます。

まな板にハゼを寝かせて…ドキドキ。うろこをとる…ビクビク。

まだまだ生きてる。ツルツルすべってハゼが逃げているみたい。

頭を落とす。骨が太くてうまく切れない…。「ザクッ」

もう動かないよ。お腹を出してきれいに洗ってあげよう。

012

一つの命を殺して食べるというリアルな瞬間。

感じてもらえたよね。

衣を付けて揚げてみる。そしてとのに揚げてもらう。

よーく見ていると油の中で動いたぞ!!

命の強さを感じたな。

毎日毎日たくさんの者を食べて過ごしているけど

一つ一つに少し前までは命があって

自分たちと同じように生きていたんだよな。

今はいつの間にか何事も無かったかのようにスーパーで売られていたり冷蔵庫の中にある。

ここにくるまでは生きているものを殺している過程がある。

でもそれがあまり身近に感じられていないような気がするよ。

だからこそ、こうやって自分で採った魚は自分で料理しておいしく食べる!!

そして、その命をムダにしない!!

その命のおかげで自分たちが生きていることを忘れないで。

015

で、「揚がったよ~」ととのの声。「いただきます!」

このハゼくんを育ててくれた吉野川さんありがとう。…そんな気持ちにさせてくれる。

吉野川みたいな優しい味がする。

この味を忘れないでおくれよ!

ハゼはきれいな吉野川などの川で育つ。

汚い川のハゼは黒っぽくておいしくないらしいんだ。

ずーっとずっといつまでもこんなにもおいしくてキレイな吉野川を守っていこうね。ずっと残していようね。

今日初めて釣りをした子も、釣れて嬉しかった子も、引っ掛かってうずうずした子もたくさんいるけど、みんないきいきしてたね!片付けをしていると、「私2匹釣ったよ!」「おれ6匹やし!!」とかみんないっぱい自慢してくれたな。またみんなで釣りをしよう!!016

というわけで、今回も大漁という結果でおしまい。

今日の経験がこれからの吉野川の命をつないでいけるものであることを願って。。

karaoke&camera by るな

| | コメント (0)

2009-10-16

川を感じる!!

9月26日(土)

2009_004 

川遊び日和の秋晴れの1日。誰も運動会とかぶらなくよかった!!

夏のキャンプでもお世話になった第十堰北岸に子供達が集まってきました。

みんなあの時よりも少したくましく、おとなになったよね。

今回のテーマは『川を感じる』。おそらく今回が川に浸かれる最後の回。

みんな今日のこの川をどう感じる?

2009_006 

まずはみんなが家で頑張ってきてくれた宿題の発表!

「私の家の近くの川は・・・」

「こーんな魚がいてね!」

「石投げして遊ぶよ-。」

いろんな川があるんだね。

とっても楽しい発表だったけど、元気なみんなはウズウズ…

『早く川行こー!!』

わかった、わかった(^^;)

競うように河原に降りる。今日は何する?

投げ釣り班は大苦戦!

「絡まったー!」

「うまく投げれない・・・」

「引っかかった!」

それも釣りだよ、って笑われる。まずは自分で頑張ってみよう。

女の子達がやっているのは見釣り。

さすが、夏のキャンプでもやってたからか、バケツの中にはたくさんの魚が泳いでいます。

釣れると楽しい!みんな夢中で糸を垂らしていました。

カヌー班は随分遠くまで漕いでいったみたいです。

もう一人でスイスイ漕げるよ!って子もたくさんでてきました。

深いところでプカプカ浮いていると下に大きな影が!!

ものすごい数のウグイの群れがカヌーの下をすり抜けて泳いでいったそうです。

みんな感動して話してくれました。うらやましいな。

2009_038 わー!キャー!やった!

ガサガサ班はとってもにぎやか。

たくさん捕れた?そう聞くと

とびっきりの笑顔でバケツの中身を見せてくれました。

そうそう、今回はいつもと違う遊びが2つ。

みんなが頑張って沸かしてくれたドラム缶風呂と

モリを使った魚突き!

2009_028

ドラム缶風呂は順番待ちが出る程の大盛況。

きちんと数を数えて交代です。

どの子も名残惜しそうに交代…すぐにまた並び直す子も!

魚突きは初めて使う道具に興味シンシン。

モリをあつかうのは難しいとおもったのですが、みんな辛抱強く魚を追います。

2009_039

そろそろお昼ごはんにしよー!

そう叫んでもみんな川から上がろうとしません。

「まだ食べたくないー。」

「午後からも遊べる?」

そんなことを言いながら渋々上がった子供達も

おいしそうなご飯のにおいを嗅ぐとすぐに笑顔になりました。

みんなが釣ってきた魚も自分で料理して食べます。

包丁を使って、1匹1匹慎重にさばいていく子を見るととても嬉しく感じました。

いただいた命は丁寧に食べるのがルール。

自分で釣って、自分で料理するといつもよりもおいしくなるね。2009_051

おなかがいっぱいになるともうひと遊び。

午前中と同じ様に遊んでいると興奮した歓声が、

なんとスタッフのよっさんが大きなニゴイを手づかみで捕まえたんです!!

「吉野川の主や-!!」とみんな大興奮。

最後の最後にとっても大きなサプライズでした。

1日川で遊んでみんなはなにを感じたのかな。

「おいしかった。」

そんな答えが聞こえてきましたよ?結構、結構。

楽しい。気持ちいい。おいしい。・・・

たくさんの人がこんなことを感じて今日も吉野川に集まっています。

そんな、人とのつながりもみんなは感じてくれたかな?

次回はハゼ釣り!たくさん釣れるといいね。

karaoke&camera by 沙樹

2009_053

2009_025

| | コメント (0)

2009-10-06

第十堰を視察!!

~JICA第十堰視察研修~
2009_131
みなさん、10月に入り明日明後日と台風18号の接近で、お堰外の物を片付けたりとせかせかとしていますtyphoon
さてさて、先日9月30日はJICA集団研修の研修員の方11名と職員2名がいらっしゃいました!2009_119_2
東南アジアからアフリカまで様々な国の農業関係の行政職員の方々がいらっしゃるということで、さぞかし難しい質問なども飛び交うだろうと予想していました。が、すごくさわやかな楽しい雰囲気で1時間半の時間を過ごしました。
まずは、お堰に皆様が来られて第十堰の概要を説明。2009_115_3
講師をされた姫野さんの言葉を職員の方が英訳し、それを研修員の方々がノートに書き写したり熱心に聞かれていました。
吉野川の状況説明や第十堰の歴史の話と同じく、自然豊かな第十堰周辺で採れる魚の話になると、「おいしい~delicious」という日本語が飛び交うなど、美味しい物を美味しいと思う事は世界共通だと改めて感じられました。その場で手長エビや魚の唐揚げなどを食べていただきたかったです!
そして、お堰からバスで移動して第十堰南岸へ。2009_128 雨が降っていたので足下が滑りやすかったですが、コンクリートの下堰の上を歩いていき、そこで説明。2009_135 2009_139
「何故、青石ではなくコンクリートで補修をしたのか?」
「吉野川みんなの会は工事には携わっていないのか?」
などと、質問されてお答えするのに困る場面もありました。
その後、第十樋門まで移動して、第十堰が吉野川本川から旧吉野川に分流されている状況を見られました。2009_147
第十樋門がコンクリートで作られているということに興味を示された方もおり、日本の先端技術の象徴でもあるんだなと実感しました。2009_152
最後に旧吉野川をバックに皆さんで記念写真を撮りました。そして、バスに乗られてお見送りの時も顔が見えなくなるまで大きく手を振ってお別れしました。
研修時間は1時間半と短時間ではありましたが、かなり有意義な時間を過ごせたと思います。
この夏、私は、少しでも世界を平和にしたいという思いで出身地徳島に帰ってきて、この吉野川みんなの会で事務局実習生として活動を始めました。
「吉野川から平和にできるのかなぁ…」と思いもしましたが、今日のJICAの方々の笑顔や今までのキャンプなどの活動からでも、どんな方法でも平和な世界をつくることは可能だ!!!とつくづく感じました。
「来年も来たいですね。」と職員の方もおっしゃってくれていました。
第十堰・吉野川の将来、そして世界の将来が楽しみですclover2009_154_2
karaokeby ガチャ
cameraby マキロン

| | コメント (0)

2009-10-02

受付開始しました!!

野田知佑さんと吉野川を下ろう

~大人のカヌーツーリングキャンプ~

10月に入り恵の雨が降り続いてますねrain

第十堰や生き物、私たちの生活にとってもやっと潤いがやってきたという感じです。

そして、10月といえばこちら↓↓

野田さんと吉野川を下るカヌーツーリングキャンプsign03

昨日10月1日から申し込み受付を開始いたしました。

興味のある方は是非ともこの機会に参加してみてはいかがですか?

初心者の方でも大歓迎ですgood

お申込お問い合わせは下記までよろしくお願いします。

telephone 088-612-9200

pc zacco@daiju.ne.jp

お申込の際に、自艇される場合カヌーの種類や長さ、カヌー経験の有無などもお聞きしています。

先着40名様になりますので、是非お早めにお申し込み下さいm(_ _)m

皆さまのご応募お待ちしておりますsmile

詳細チラシ→ 「noda2009.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »