« 第十堰ゴミ拾い | トップページ | 第11回水辺の教室レポート »

2012-02-04

第10回水辺の教室レポート

はじめまして!りさです!!

8年前の水辺卒業生で、前から水辺のスタッフやりたいなーと思いながらも、部活や受験なんかでやっとの参加です。

 

今回は「第十堰って・・・?」〜歩く・遊ぶ・知る 第十堰探検!〜

ということで、お堰探検をしました。

今回の道のりは、下堰から魚道まで歩いて、帰りは上堰を通って帰ってきました。

Img_9801

まずは宿題発表から。

第十堰の役割について調べてきたことを発表しました。

Img_9775

旧吉野川に水を送るためにつくられた、江戸時代に作られたなどなど、みんなしっかり調べてきていました!

 

じゃあ、実際にお堰を歩いて探してみよう!

チェックポイントは青石・松杭、鮎の食み跡、魚道、海水・淡水、舟通し、取水井戸。

みんな走り回ったり、じっくり眺めたり、たまに遊んだり、楽しく探しました。

Img_9802

Img_9818

Img_9817

上堰からは川の達人山下のおっちゃん登場!

Img_9846

第十堰について詳しく教えてもらいながらひたすら歩きました。

・今は塩止めの役割もしている

・上に水が流れてなくても、堰の中を水が流れていて、水をきれいにしている(透化構造)

・今はコンクリートで埋めて中を水がながれないところがある

・昔は青石と松杭を使って人力で作っていた

・アカメヤナギが堰の上で育ち、洪水の時に堰の石ごと流されるのを防ぐためにたまに切っている

・今の吉野川はもともと別宮川という川で、こっちの川に水が流れすぎてしまったために旧吉野川に水が流れなくなり困った農民が、旧吉野川に水を送るために作った堰である

などなど…!

Img_9851

Img_9853

Img_9878_2

Img_9819

Img_9865

難しい話もあったけど、みんなしっかり聞いていました!

長い距離を歩いたので最後の方はへろへろな子もいましたが()

おいしい炊き込みご飯が待っている!とがんばって歩きました。

 

待ちに待ったお昼ご飯のメニューは…

鶏肉の炊き込みご飯

雑煮風お味噌汁〜吉野川の青のりをのせて〜

温野菜のサラダ

でした。

Img_9899

青のりは前回残念ながら中止になったあの青のりです。

矢田さんからいただきました。

お昼ご飯のメインディッシュは青のりです()

Img_9902

おいしいご飯も食べ終わり元気も回復!

回復したところでおっちゃんによる昔の遊びのお話でした。

Img_9907

冬に大人が裸で川に潜り、暖かさによってきた大きな魚を抱きかかえて捕まえていたという話や、

たぬきの巣をいぶしてたぬきを捕まえた話、

おもしろいお話ばかりで、身を乗り出して聞いている子もいました。

Img_9915

保育所の年から川に遊びに行くのを許されていたという話には「いいな〜!」とすごくうらやましそうな反応(笑)

Img_9911

もっと聞きたいことばかりでしたが日記を書く時間です。

『第十堰について家族や友達に教えてあげよう!』

おっちゃんのお話や、実際見たことなど、みんなに教えれるくらいたくさんのことを学んだようです。

Img_9917

日記が書けたら解散!

名残惜しいなぁー…。


次回は鳥です!次回も楽しみ!!!

karaoke りさ
camera トップ

pencilみんなの日記pencil

『私たちの生活と第十堰のつながりは何?』

遊んだり漁をしたりする

たくさんあそんでいる所
魚がいる所

第十堰はいろいろな物をめぐんでくれる。(魚、青のりなど)
透化構造で水をじょう化してくれる。

第十堰は水をきれいにしていた。←浄水場で使う薬や、面積をせまくできる。
洪水をふせいでいた。

しゅ水いどでひいた水は水どう水になる

淡水と海水をわけている。

夏→川遊び→かり→食べ物
たん水+海水のまざる場所=きすいいき
海水が上にいくと、たん水魚がいなくなってしまう。

旧吉野川に、水が流れるようにしている。
浄水場が堰の上流にあり、浄水場に、海水が入らないようにしている。

吉野川のキレイな水→生活水
遊ぶところ
魚がとれる

『家族や友達に第十堰のことを教えてあげよう!』

旧吉野川に昔、水がいかなくなったから、のうかの人が石をつんで作った。
松くいの間の長さは場所によってちがう。(昔といまのかんかくがちがう)

アユのはみあと(アユがコケを)たべたあと

青石がたくさんあった。
コンクリートは色々な形があった。
とうかこうぞう(大切なもの)

第十堰は水をきれいにしてくれている。
旧吉野川に水を送っている。
おもしろい遊び場でもあるが、こわい所もある。

鳥はみかんをたべる
青石は何層にもなったとてもうすい石が重なってできている。

青石のつみ方がちがう、昔のつみ方はぴっちり
今のつみ方はコンクリートですきまうめ。

第十堰は昔から吉野川を支えている。
吉野川は生き物も支えている。

第十堰のもとの美しい青石とまつくいを、コンクリートにしてしまったのは、建設省。
それをまた、古いとかあぶないとか言ってかどうぜきにしようともした。
とうかこうぞう→とても大切
I LOVE 吉野川

◎あったもの
・青石 ・松くい(松のくい) ・船通し ・魚道
・海水、淡水 ・汽水いき
青石がきれいだった。
第十堰は、とても大切。(なかったらこまってしまう。)

ぎょどうがある。
しゅ水井戸があった。(7つ)
夏は水が流れてるが、冬は流れていない。

Img_9790

Img_9829

Img_9843

Img_9791

Img_9858

Img_9881

Img_9883

Img_9891

Img_9924

Img_9845

Img_9810

Img_9871

|

« 第十堰ゴミ拾い | トップページ | 第11回水辺の教室レポート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第十堰ゴミ拾い | トップページ | 第11回水辺の教室レポート »