« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012-03-28

水辺の教室2011報告書完成☆

Img_2522

ども、ぺぺです。
先日、世界の川を旅するカヌーイストの野田知介さんのお宅に遊びに行きました。
その様子は、後日アップするとして・・・

水辺の教室2011の報告書完成しました!
全て手作り!
みんなが活動中感じたことや、学んだことを、少しでも多く表現できるよう、思いを込めて作りました。

参加者のみんなには明日発送するので、手元に届くのをドキドキしながら待っててねー♪


★水辺の教室2012★
まだまだ、参加者募集中です。
詳しくは川塾ホームページをご覧ください。

| | コメント (0)

2012-03-24

第十堰日誌

Img_4329

おはようございます。
すっかり雨も止ましたが、春の嵐ですね。
今日も第十堰は、吉野川の流れに沿って朝を迎えています。

昨夜、やっとこ『第十堰日誌』著:姫野正義 を読み終えました。
川塾のルーツ。
第十堰可動堰化問題を巡る市民運動の歴史。
ってとこは、ちと難しかったけど、当時の熱意や想いはヒシヒシと伝わってきました。


続きを読む "第十堰日誌"

| | コメント (2)

2012-03-22

つくし王国!

Img_4132_2


ども、ぺぺです。
最近、トップが車で出勤しているので、てらちゃんに借りた原付(スズキ バーディー)で河川敷を疾走しています。(ちなみに、ヘルメットはさきに借りてます・・・。)

車では味わえない開放感と、空気に酔いしれていると、突如、つくし王国を発見しました!!!
あまりの威圧感にたじろいながらも、ぶちぶちとむしって来ました。

つくだににしようかなぁ♪

つくし王国の場所を知りたい方は、ぺぺまで → kawatomoplus@gmail.com

★☆★ お知らせ ★☆★
水辺の教室2012も、残り6名です。
来週には朝日新聞にも記事が掲載されると思いますので、
ご検討中の方はお早めに♪

イベント詳細はホームページをご覧下さい。

| | コメント (0)

2012-03-20

朝日新聞が取材に来てくれました

Img_9765_2


最近は青空が凄く澄んでいて、
阿讃山脈をバックに第十堰がよく映えます。

春になり、髪を短くしたぺぺです。

昨日、「第十堰水辺の教室2012」について
朝日新聞様が取材に来て下さいました。
吉野川の活動に、昔から協力していただき、
個人的にも川遊びを愛する記者さんですので、
終始和やかな雰囲気。

でも、記者さんは今月いっぱいで大阪に転勤になるそうで・・・。寂しくなります。
大阪に行かれても、吉野川に、お堰の家に遊びに来て下さいね♪

記事は、今月中には載るそうなのでチェックして見てください。

しかし、写真を撮られるのはいつまでたっても照れくさいなぁ。
はにかみ気味ですが、つつっこみは不可で。

☆第十堰水辺の教室について、詳しくはHPで☆

ぺぺ

| | コメント (0)

2012-03-17

☆水辺の教室2012 受付開始☆

本日(3月17日)より、水辺の教室2012の受付を開始致しました。
受付開始時刻には、お電話が繋がり難く大変申し訳ございません。

定員にまだ余裕がございますので、ご連絡お待ちしております。

| | コメント (0)

2012-03-15

第12回 水辺の教室 レポート更新

河川敷を歩くと、温かい風がふわっと吹き抜けていきます。

もう、春はそこまで来ていますね♪

なんだか、わくわくします。

さて、第12回 水辺の教室のレポートをアップしました。

今回から、レポートはホームページで更新していきますので、

そちらをご覧ください。

Photo_2

思い余って、かなりの長文になってしまいましたが、根気よく読んでいただけるとありがたいです。

あと、「スタッフ紹介」「水辺の教室2012 参加者募集」のページも更新しましたので、ご覧ください。

ぺぺ

| | コメント (0)

2012-03-13

川塾ホームページ開設☆

Img_1117_3

三寒四温を繰り返し、日々春が近づいてくるのを感じます。

吉野川の河川敷にも、菜の花やつくしが顔を見せています。

続きを読む "川塾ホームページ開設☆"

| | コメント (0)

2012-03-02

第11回水辺の教室レポート

こんにちは。第10回から参加しているガックンです。
吉野川という大きな川で元気に遊び真剣に学ぶみんなに会って僕も吉野川のファンになりました。

今回も吉野川の魅力をまたひとつ知ることになりました。

今回は野鳥のバードウォッチングです!

Img_4471


続きを読む "第11回水辺の教室レポート"

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »