« 4月 水辺の教室下見 | トップページ | 第十堰 水辺の教室2012 はじまりましたよ~♪ »

2012-04-23

スタッフ研修でスキルを磨くべし!!!

第十堰水辺の教室2012の第1回目、天気もなんとか持ちこたえて心いっぱい遊んで終了しました。詳しい内容は、後日ホームページにアップするので、楽しみにしていてくださいね。

さて、日曜日は嵐の中の徳島マラソンも、無事終了しましたね。
走られた方、スタッフのかた、応援の方、本当にお疲れさまでした。

そんな、嵐のランナー達を横目に見ながら、川塾スタッフ研修第3回を実施しました。
今年度は、今まで4月7日、15日、22日の3日間行いました。

第1回目は、「想いの共有」
川塾が、なぜ自然体感活動を行っているのか?なぜスタッフをするのか?どんなスタッフになりたいか?みんなで考え、意見を出し合い、想いを共有し自分の想いを明確化しました。
川塾は、みんなの想いが集まって出来た団体で、それを実現するために活動を行っているので、『想い』をとても大切にします。『川と人をつなぐ』という理念の下、川塾という大家族でそれぞれの想いを実現するために、助け合い、高めあい、楽しみながら活動しよう!そんな、暖かい想いを共有できた研修となりました。
1204231
1204232

第2回目は、「もしもの為の救命スキルアップ」
川はとても楽しい反面、一歩間違えれば命に関わる事故に繋がりかねません。そんな事故を起こさない様、リスクマネジメントをきっちり行っていますが、もしもの時に適切な対応が出来る様、徳島西消防署で普通救命講習を受講してきました。
心肺蘇生法やAEDの使用方法について、実践に重点をおいて講義を行っていただきました。参加したスタッフは、みな、自分がその状況におかれたら、すぐに子どもを助けれるよう真剣に受講しました。「子どもの場合はどうか?」「河原で濡れた状態でもAEDを使用していいか?」など、実際使うときの事を考え、質問も沢山しました。

第3回目は、「先を読んだ行動、スタッフとして必要な装備について」
予定では、川に出て川遊びのスキルアップとリスクマネジメントの実践訓練を行う予定でしたが、嵐の為、急遽内容を変更しました。
まず、一つ目のテーマは「先を読んだ行動」について。第1回水辺の教室のふりかえり(*)で、「先を読んだ行動が不十分なため、子どもに無駄な待ち時間が出来たり、フィールドに必要なものを持って来ていなかったりした」という意見が出ました。なので、「川遊びに行く際に、必要な準備物は何か?」「どうやったら、抜けなくスムーズに持っていけるか?」について話し合いました。

2つ目のテーマは、「スタッフとして必要な装備」について。スタッフは、率先して川に飛び込み、遊び、楽しさを伝えます。また、もし子どもに何かあった時に、すぐに動けなくてはいけません。そこで、スタッフは川に出る際に、どんな服装が必要か?どんな装備が必要か?また、どんなものを選ぶべきかや、どこで買えるか。というところまで話し合い、明日にでもすぐ動けるよう知識を共有しました。

1204233

川塾では、より参加者に吉野川を体感してもらえるよう、そして、スタッフもより充実した活動を行えるよう、随時研修を実施しています。研修をする毎に、次回のプログラムでこれを実践しようとか、この装備を買って使ってみようとかという思いがわき、わくわくします。
あぁ、早く次のプログラムの日がこんかなぁ~。


ぺぺ

|

« 4月 水辺の教室下見 | トップページ | 第十堰 水辺の教室2012 はじまりましたよ~♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月 水辺の教室下見 | トップページ | 第十堰 水辺の教室2012 はじまりましたよ~♪ »